助産師転職navi

企業の助産師求人なら

助産師の資格を持つ人の転職先は、病院の産婦人科だけではありません。女性の出産とは関係ない一般企業に転職することもできます。どんな企業へ転職できるのでしょうか?

一般企業の中でも大企業で本社ビルなどを構えている企業の中には、職場に健康管理室や健康相談室といった保健室的な役割を果たす施設が内設されていることがあります。すべての企業がこうした設備を持っているというわけではなく、ほとんどの場合、かなりの大企業だったり、工場などに設置されていることが多いようです。

こうした健康管理室や健康相談室では、助産師の資格を持つ人が必要というわけではなく、看護師や医師の資格を持つ人材のニーズがあります。そして、健康について不安を抱えている人の相談に乗ったり、ケガをした人の応急処置を行ったり、また、従業員の健康診断を行ったりするなどの職務をメインに行います。

助産師という資格を生かして、女性の出産に立ち会いたいという人にとっては、企業への転職ではやりがいを感じることはできないかもしれません。しかし、看護師の資格を生かして平日の昼間だけ働ける職場への転職を考えている人や、家庭と仕事の両立を希望している人にとっては、企業への転職は夜勤もなければ週末勤務もありませんから、働きやすい転職先となるのではないでしょうか。

企業へ転職を希望する場合には、いくつか注意が必要です。まず、離職率がかなり低いためになかなか求人募集が出ないという点。転職したくても求人がかからなければ転職することはできません。今すぐに転職したいという場合には求人募集が出されていないことも少なくないので、気長に転職活動を続けながら求人募集をチェックすると良いでしょう。

また、看護師にとっては平日の昼間だけ働くというお仕事はとても魅力的。そのため、多くの看護師が少ない求人に対して殺到します。ハローワークで紹介してもらえるような公開求人としてお仕事が紹介されることは少なく、多くの場合には非公開求人として求人募集がかかるため、求人サイトや転職サイトを活用しながら転職活動をすることが必要です。

助産師という資格をフル活用できるお仕事ではないけれど、勤務時間が固定されているために働きやすいと感じる人が多い企業でのお仕事。病気やケガの治療を行うわけではないため、看護師や助産師としての知識や経験、キャリアを積みたい人には適していないかもしれませんが、家庭と仕事を両立したい人にとっては大きなやりがいを感じることができるお仕事として人気があります。


>> TOPページで「助産師転職エージェントの人気ランキング」を見てみる <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師転職navi All Rights Reserved.