助産師転職navi

産婦人科の助産師求人なら

助産師の資格を持つ人の転職先として最も一般的なのは、病院の産婦人科ではないでしょうか。大学病院、一般的な総合病院など大規模な病院には産婦人科が設置されていることも多いですし、出産をメインに取り扱う小規模な産科のみのクリニックなどもあります。助産師の資格を持っている人の転職では、産婦人科は比較的転職先を見つけやすい職場と言えるのではないでしょうか。

産婦人科への転職を考える場合には、いくつかポイントを押さえておきたいものです。まず、どのぐらい忙しいのか。女性の出産は、昼夜を問わず突然始まることも少なくありません。十分な数の医師や助産師が働いている病院なら、計画的に夜勤を行って急な出産にも対応できるので、毎日呼び出しばかりで眠る時間がないなんてことはないでしょう。しかし、深刻な人手不足の病院では、数少ない助産師が分娩に応じて頻繁に呼び出されることも多く、忙しすぎて体調を壊してしまうことにもなりかねません。転職先を選ぶ際には、そうした点もできるだけチェックしておきたいですね。

その病院で助産師が足りているかどうかは、従業員の数や医師の数、分娩数などを見るとある程度把握することもできます。しかし、もっと簡単で効率的な方法もあります。それが、転職サイトや求人サイトを利用した転職活動でお仕事を見つけるという方法。こうしたサイトでは、医療業界に精通しているプロのカウンセラーたちが、職場環境や忙しさ、働きやすさなどをアドバイスしてくれるので、求人募集に記載されていない職場環境などの面も、転職前にある程度知ることができるというメリットがあります。

転職で少しでも給料アップを狙いたい人なら、病院ごとに異なる各種手当もチェックしたほうが良いでしょう。助産師の場合には、一般の看護師が病院勤務で受け取っている基本給や資格手当、夜勤手当などの他に、分娩に立ち会うことで支給される分娩手当という手当もつきます。

分娩手当は一回の分娩につきいくらという金額が決まっているため、手当額が少し高いだけでも、たくさんの出産に立ち会うことで毎月のお給料には大きな差がついてきます。その他にも、夜勤手当や資格手当などの金額も比較検討しながら転職先を見つけるという方法もおすすめです。

全国に9000以上存在していると言われている産婦人科。その中から自分の希望や条件に合った転職先を見つけるのは時間もかかる重労働。短時間でサッと希望に近い転職先を見つけるなら、転職サイトや求人サイトを利用する方法がおすすめです。


>> TOPページで「助産師転職エージェントの人気ランキング」を見てみる <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師転職navi All Rights Reserved.