助産師転職navi

助産師の転職時の志望動機はどうする?

女性の出産に立ち会うことができる資格を持つのが助産師。女性が出産する場合には、病院で出産する場合でも自宅や他の施設で出産する場合でも、基本的には医師もしくは助産師が立ち会わなければいけません。出生率が低くなって少子化が進む昨今でも、赤ちゃんは全国でどんどん生まれているわけですから、助産師のニーズは全国どこにも求められていますし、そうした点では転職したいなと考えた時にも転職先を見つけやすいお仕事と言えるのではないでしょうか。

助産師として転職を希望する場合、医師に代わって出産に立ち会うことができる資格という性質のため、転職先は産婦人科もしくは産科ということになります。多くの人は、転職したいと思った志望動機は「新しい命が生まれる瞬間に立ち会いたい」という気持ちで転職先を探すので、転職希望先へ提出する履歴書にも、そのように記載して良いでしょう。

実際に病院で助産師として仕事をしてみると、命の誕生という聖なる瞬間に立ち会うことができるという喜びややりがいとは別に、別の職場へ転職したくなってしまうこともあります。例えば、職場での忙しさ。赤ちゃんは平日の昼間にだけ計画的に生まれてきてくれるというわけではありません。中には休日に生まれてくることもあれば、夜間に生まれてくることももちろんあります。

そして、複数の出産が重なってしまうこともあるでしょう。生まれてきた赤ちゃんのへその緒を切るのは医師もしくは助産師の資格を持っている人でなくてはいけないため、出産のために妊婦さんが病院にやってきたときには、時間に関係なく助産師も呼び出されることが少なくありません。病院によっては産婦人科の医師や助産師が少なく、予定していた夜勤の日でなくても呼び出されて病院へ行かなければいけないということもあるため、多忙を極める勤務時間が原因で転職を考える人も実際には少なくありません。

しかし、転職を希望している職場へ、「忙しくない職場への転職を希望しています」とは言えないもの。そして、求人募集にも、そうした内容は記載されていないため、盲目的に転職してしまうと、同じことの繰り返しにもなりかねません。

そんな時に便利なのが、転職サイトや求人サイトを活用した転職活動です。助産師の職場環境を知り尽くしたプロのカウンセラーが、求人募集には記載されていない職場環境や勤務状態のような裏情報を教えてくれたり、待遇やお給料などについても自分自身の経験や実績に合わせて交渉してくれたりするので、自分一人で転職活動をするよりも満足度の高い転職が可能です。


>> TOPページで「助産師転職エージェントの人気ランキング」を見てみる <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師転職navi All Rights Reserved.